広告

自分をご機嫌にすることが1番大事

僕は昨日めちゃくちゃご機嫌で、一日中楽しかったんです。

きっかけは多分、朝ごはんのサンドイッチを自分で作ったから。

その時の様子をひろきくんがこんな風に書いてくれてるんですけど、

そういえば、僕が今いる若狭家ファミリーのたくちゃんがさっき「自分が今食べたい!」を貫くために朝から買い物行って帰って来てすぐ料理してた。(しかもそれをめちゃくちゃニヤニヤしながら食べてた。)

http://fujiwarahiroki.hatenablog.com/entry/2017/11/30/120646

"ニヤニヤしている"って本当に最高の状態で、幸せ溢れ出ちゃってるんやと思うんですよ。

 

この最高の朝から始まり、結局この後ひろきくんと美香ちゃんにもサンドイッチを作ってあげて、バイトに行き、夕食の買い出しに行き、家族全員6人分の鍋を作り、みんなで食べて、食後にピノも1個ずつ。

まじ最高の一日。

 

"自分をご機嫌にする"って言うと「自分だけ良ければよくて、周りの人なんて関係ない」と思っているように誤解されがちなんですが、

むしろ逆で、

僕がご機嫌である方が周りの人にとっても"良い"んですよね。

 

自分の周りの人で考えてみても、

その人が、自分のしたいことを我慢しながら過ごしていて、その中で自分に気を遣ってくれたりする。

それよりも、

その人本人がご機嫌で、楽しいついでに周りに幸せを(無意識のうちに)振りまいている。

 

後者の方が断然良い。

 

 

しかも、"ご機嫌である"状態でいると、どんなことでも楽しくできるというかなんというか。

楽しいことが次々に見つかるんですよね。

 

ただ、自分をご機嫌にする方法って、結構忘れちゃいがちで、

日頃意識しづらいんですけど、

僕の場合だと、

・運動をする

・食べたいものを食べる

あたりがスイッチになることが多くて、なんか調子が悪いなって思ったらとりあえず走ってみたりするようになりました。

 

まとめ

積極的に、僕一人だけでもご機嫌になっていきたいと思った一日でした。

f:id:sundrivertakuya:20171201134137j:plain

ではまた!