広告

昔のめちゃくちゃ楽しかった時のことを思い出した時、あなたは何を想う

僕は大学時代の楽しい思い出の9割があると言ってもいいほど岩手の陸前高田に思い出が大量に置いてある。

その陸前高田に昨日まで滞在した。

滞在中、(本当は行くと決まってからずっと)、陸前高田でのあれやこれやの思い出が思い出され続けた。

それはそれは輝かしい、素敵な思い出たち。

楽しいこと。幸せだった瞬間。当時の素敵な人間関係。

そのほとんどが今はない。今には続いていない。

 

当時の幸せな僕が眩しい。それは今はない。

キラキラと、キラキラとしてる僕とみんな。

 

こんなとき、あなたは何を想う

 

今回の僕は思い出し続け、浸り続け、最後には

「あの当時の楽しさを"良かったなー"って思ってるだけじゃ辛い。いまの僕が楽しくありたい。」って思って、予定よりかなり早く関東に帰ってきた。

ゆっくり旅行をしている訳にはいかなくなった。

いまの自分の人生を動かさなきゃって思って。

 

まさかこんな思いになって、早く帰ってくるなんて、行く前は考えもしなかった。

 

ただ、陸前高田はもう僕にとってはとてつもない特別な土地で、味わう気持ちの量は常に多かった。まだ処理できていないように思う。

 

まあなんにせよ、すごく前向きな白い炎みたいなものを起こされた。

当時の僕が眩しくて。

 

いまの僕も輝くんだから!って感じ。

 

「行きたいと思ってる場所に行く」というのは素晴らしい。

自分の願いを叶えてあげれて本当に良かった。

手を貸してくれたみんな、ありがとう。最高の体験ができました。

f:id:sundrivertakuya:20180828045941j:image
f:id:sundrivertakuya:20180828045945j:image
f:id:sundrivertakuya:20180828045948j:image
f:id:sundrivertakuya:20180828045952j:image