広告

メモ : 2018.9.12.(水)

 

僕の「やらなきゃ」って思ったら「やらなくていい」ことにすると割とできちゃう理論に似てる。

 

逃げ恥、掟上、アンナチュラルが同じ脚本家さんだとは!!!

松田龍平&ガッキーの新ドラマ楽しみ!!!

 

いい言葉。

 

「二度漬け禁止」の言葉の穴は「先にかじってから1度目を漬ける人」

すごい。

いつかは行ってみたい「ハウステンボス」に行く方法 | 西野亮廣ブログ Powered by Ameba

 

ウーバー : アプリ不具合等トラブルが連発したけど華麗にクリア。

 

すながわ基金に応募してきた人に2,000円振り込んだ。

その人にとっては2,000円が超大金で(たぶん所持金が全然ないと思われ)、僕にとっては払える額だったからあげた。

この行為だけで世界の幸せが増えてると思う。

これ素敵。

 

偶然通りかかったお蕎麦屋さんからめちゃくちゃいい匂いが。

そばのつゆをいい匂いに感じるってことは、それを食べたいってこと。

f:id:sundrivertakuya:20180912114941j:image

美味しかった!!

 

今日も秋ちっくな気候で素敵。

f:id:sundrivertakuya:20180912115353j:image

 

バーニングマン情報2019 行きたいな。

チケットは1月発売。

 

今日のウーバーは開始から2時間めちゃくちゃ依頼が少なくて全然稼げず、だいぶメンタルがやられる。

先週はこんな感じで、もう帰りたいーってなって思って帰って、その日の収入1,500円とかなってた。

それが今日は、まずお金的に今日たとえ1,500円で帰ってもそれほど痛くない。(月,火で25,000円稼いでる&まだ水曜だから木~日がある)

まずそれがすごく大きい。

帰ってもいいけど、青山のあの椅子に座ってNetflix観ながら注文待ってても良くない?みたいな。

そういう「自分に優しい頑張る案」みたいなのを思いついて、実際青山へ。

(あと割と「願いを叶えてあげるマン」になれてる)

→青山の大好きなベンチに着くとすぐ注文が。

しかも店まで1分(店までが近いとお得)

あと、青山にはおしゃん&美人が多い。

→青山を選んだとき、この「飲食店の多い地域」や「美人が多い」みたいなことも無意識下で考慮されてたんかもな。

青山に来てすごい調子上がった。

→これも最初の段階では「直感に従う」って感じ。

 

そう言ってる側(そば)から注文。しかも2件。

「同じ料理屋さんから2件別々のところに配達」も効率がよくていい。

しかもこのお店、たぶん最近ウーバー始めたのかな?

最高。

 

「向かい風でもつむじ風でも、寝転んでしまえばそよ風」

youtu.be

 

休憩。これが好き。

f:id:sundrivertakuya:20180912144651j:image

 

がっつり効率考えてウーバーやるんもいいけど、注文ないときはベンチで休憩したりするウーバーもかなりいいね。

 

たしかに今の高齢者のネット事情やばそ。

 

ちょっとこういうの読んでみたい。

 

めっちゃ調子良い。

調子って本当に波で、調子悪いときを凌(しの)いだらなんか勝手に調子出てくる感じする。

 

待機時間に椅子に座ってると、体的に休息をとれる&両耳イヤホンで大音量で音楽聴けるからいいね。

 

これもしかしてLUMINEのあの広告の人???

 

前から気になってたやつ。

f:id:sundrivertakuya:20180912172851j:image

→めっっっっちゃ美味しい!!!!!

ローソンのおにぎり美味しいよなー(昔からおかかは好きだし、鮭のハラミもやばいし、最近だと枝豆と昆布のやつもびびる美味しさだった)

※基本温めてもらう。

美味しくて驚いたのは久々(ひさびさ)。

 

暗くなってきて、テンションあがる。

暗くなってくるとなんか疲れが吹っ飛ぶから、ウーバーで稼ぎたい日はお昼くらいに疲れても映画とか観て夜まで粘りたい。

映画代以上稼げる。

 

今日、「午前中調子悪い」→「青山のベンチでnetflix観よう」→「調子悪いのから脱出」ってのができたけど、さらに続きがあって、

「これだけ注文が少なかったら他の配達員が今日の仕事を辞めていくからこの後夕方,夜がすごくおいしいんじゃない?」っていうプラスに自然に持っていけた。

これは驚いた。

ピンチな局面だと思って気持ち落ちてたところから、「逆にチャンス」まで行けたのは大きい!

 

ユニクロで500円で買った白Tがめっちゃよい。

 

「超お金がなくてご飯代がどうにもならない人に数千円あげる」っていう行為は本当に最高の行為。

もらう側もあげる側も体験して本当にそう思う。

「お金に困ったときはくれる人がいる」っていう安心感は半端じゃない。

 

今日のウーバー : 10時間 10,600円

3日間合計 : 36,000円

今日は「青山ベンチで待機する」がばちばちにハマって「全然頑張ってない感じするのに10時間10,000円やれた」って感じ。

超よかった。

これを教えてくれるために今日の午前の不調があったってことにしとこう。

 

自分から出てくる「焦り」や「恐怖」にも寄り添う。

 

圭吾さんが推したおしてる三浦綾子さんを近々読んでみよう。

圭吾さんのわたり文庫を参考に1冊買おうかな。

愛すること信ずること (講談社文庫)

愛すること信ずること (講談社文庫)

 

 

「ちょっと空腹を楽しんでみようかな(お腹減ってるけどまだ何も食べないでおこう)」みたいな遊びはいつでも何かを食べられる状態にある(お金があるとか)でないとできない。

でも、その状況ならばできる。

(いつでも食べられる状態での)空腹は結構気持ちいい。

 

砂漠ってピンクになるんや.

 

大脳辺縁系」は「大脳皮質」を幸せにしようとする。

大脳辺縁系=望みを叶えてあげる僕」だし、「大脳皮質=望みを言う僕」やん。

わお。

 

「比べると幸せは奪われる」

「 現実 - 期待 = 幸せ 」

 

お金いっぱい持ってるときのほうが無駄遣いしない気がする。

あと、「働いてる間」はお金使わんし、家帰って疲れてすぐ寝てたらお金使わんなw

 

いまさら気づいたけど、服のパターンがいくつかあれば毎日洗濯しなくていい!!!!