広告

メモ : 2018.11.5

「怖いと思っていることにチャレンジする」ってのがエンターテイメントになるメンタリティがある。

その時にそれをやればいい。

 

不安なことは書き出す。

不安な場面を超具体的に書き出す。相手のセリフとか。

で、それを見ると、「あれ?これ大丈夫じゃない?」って割となる。

 

1つ目の動作に集中する。

それを即やる。

 

「人の目を気にしない」と「自分に集中する」は少し違う。

その少しが大きい。

 

最近は人と話している時に「自分の考えが深まる」機会が多い。

多分やっと「相手の話を聞く」が出来てきたんやと思う。

「相手の話を聞く」と新しい気づきがたくさんある。

 

ここ数日、1日が「ウーバーをやる時間」と「人とコミュニケーションをとる時間」だけで構成されていて、「ひとりの時間」はもう眠たくて寝るしかない!ってなってたから、メモも日記も書けず、Youtubeも見れずってなってた。

「元気のある状態でのひとりの時間」を確保したら尚よし。

でも、そこを削ってしまうくらい楽しい「誰かとの時間」がたくさんあって、まあそれはそれで天国。

幸せなことだ。

 

僕から連絡が途切れたみなさん、「僕があなたのことを嫌いだから」とかじゃない場合がほとんどなので、「嫌われたのかも」って決めつけないでいただけると嬉しい。

僕は「疲れちゃってもう誰にも返信できない」ってなることが頻繁にあるから。

ごめんね。

 

「最高だけを望むのもあれだ。最悪も受け入れて歩こう」

出典 : 結果、ひとりきりになるとしても。 - いばや通信

僕はこれまで「最高」を求めてきたけど、最近はこういう考え方をすることが増えた。

「最悪」も味方によっちゃあ「最高」なんだ。

僕はこの人生、遊ぶためにやってきた。

富士急に来たなら「戦慄迷宮(お化け屋敷)」で怖い思いもしてみたくない?

例えがちょっと違うか。

 

その言葉は「祈り」か「呪い」か。

 

この感動は「うまくいくかどうかわからないもの」が「うまくいった」ときのやつ。

その「差」が感動になる。

それをグループで味わえるとなると、至高だろうな。

 

f:id:sundrivertakuya:20181112232237j:image

出典 : つめをぬるひと on Twitter: "作ってます… "

食べてしまいたい。

このデザインでチョコを売ってほしい。(m&m)みたいな。

 

f:id:sundrivertakuya:20181105111620j:image

でかい鏡 is 最高。

僕は自分の体の形が好きだから、より。

鏡に向かって自分が動くの、超好きかも。

鏡張りの部屋でダンスとかやってみたいな

 

僕は非日常で輝くタイプなんだね。よしよし。

 

手が美しい。

 

 最高。

 

脳に「自分の願望を叶えるためにはどうしたらいいだろう?」っていう質問文を投げかけておくと、勝手に情報を集めてアイディアを出してくれる。

 

八丁堀のおしゃれゲストハウス、男女混合ドミトリーが直前だと1泊2600円だ!

わなびばダメだったらこことかありありだな。

 

神田に月6万で住める部屋とかもある。わお。

結構いいな。